イスクラ薬局(東京)

漢方薬相談・漢方百科 | イスクラ薬局KANPO HYAKKA

不妊症について

不妊と漢方(17) 人工授精(AIH)と漢方薬

不妊と漢方~人工授精(AIH)と漢方薬


AIH(配偶者間人工授精)を行う際にも、漢方薬で体を整えることが出来ます。卵胞の発育を促す漢方を使用して、質の高い卵子と内膜を作る手助けが出来ます。人工授精は排卵のタイミングを見計らって、濃縮した精子を子宮の奥まで届けて受精しやすくする方法です。

人工授精を行うと効果的なケースは、

・精子の数が少ない、精子の運動率が低い、自然な性交では精子が卵管までたどりつきにくい場合
・子宮頚管粘液不全などで子宮側にバリアがあって、精子が子宮の中に入り込めない場合
・性交障害、射精障害、逆行性障害の場合
・原因不明の不妊

などがあります。一般的に人工授精を行う前に、「排卵がある、卵管の通過性が良好である」などの受胎能力を確認してから行います。人工授精による妊娠を成功させるために、排卵時期の予測が重要です。排卵誘発剤を使用して排卵させることもありますが、漢方でも排卵を促すようなものがあります。

 

漢方薬では?


良質の血分を補う「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」や、卵胞の発育を助けるために体を温め、体力補い、血を補う「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」などを使用して卵胞の発育を助けることができます。



また、月経後に不足しがちな潤いを補い、質の高い卵子と内膜をつくる手助けをする「杞菊地黄顆粒(こぎくじおうかりゅう)」や「二至丹(にしたん)」などを使う場合もあります。卵胞期は妊娠の可能性は低い時期ですが、漢方では良い卵子を育てるために最も重要な時期と考えます。また、排卵期には排卵をスムーズにするために、気血が活発に動きます。そこで「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」などを使用して排卵を促すこともあります。



人工授精後には、子宮内膜があたたかく柔らかい状態を保てるように気や血を補い、めぐりを整えながら子宮を温めると良いので、 「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」などを使用します。人工授精を考えている方も、漢方を使って体を整えてからはじめてみてはいかがでしょうか?

子宝相談のご予約はこちらへどうぞ

 


人工授精,

イスクラ薬局の運営会社情報

運営会社 イスクラ産業株式会社(英文会社名:lSKRA INDUSTRY CO., LTD.)
本社所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋一丁目14番2号
設立年月日 1960年3月1日
事業概要 ロシア・CIS諸国・中国との医薬品、医療機器、化学品の輸出入
中成薬(中国漢方製剤)、健康食品、スキンケア製品の製造、販売