漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




Blog 六本木店

月経が終わらない… ~タミーの月経講座~


こんにちは!タミーこと田宮です!
今回は月経がなかなか終わらない経期延長(げっけいえんちょう)についてお話ししますね。

経期延長とは、月経周期は正常だけれども月経時の出血期間が7日以上続くことをいいます。
ひどい場合は半月くらいだらだらと出血が続くこともあります。
また経期延長は「月水不断」「月水不絶」「経事延長」と呼ばれることもあります。

中医学では
経期延長も月経過少と同じく実(じつ)と虚(きょ)の2つのタイプに分けて考えます。
実とは「正常な状態よりエネルギーが多い状態」であり
虚とは「正常な状態よりエネルギーが少ない状態」です。

要するに何かが多すぎてもダメですし、何かが少なすぎてもダメということです!

①何かが多いタイプ(実)→ 気滞血瘀(きたいけつお)
ストレスや外邪の侵入により気血の運行が妨げられると血の巡りが滞り、出血が止まりにくく、ダラダラと続いてしまいます。

【症状】
月経が滴るように始まり8-10日くらいで終わる、経血量は少ない、暗い色で血塊がある、下腹部痛があり、その部分を触られたくない、イライラしやすい、ガスが溜まりやすい、肩こり頭痛 など

【対策】
活血薬に分類される漢方を服用することがオススメです。そして血の巡りをよくする、にんにく、さんま、玉ねぎ、いわし、桃、らっきょう、黒木耳などを食べましょう。

②何かが少ないタイプ(虚)→ 陰虚血熱(いんきょけつねつ)
もともと陰虚体質(潤い不足)であった、産後の養生せず無理をした、疲労などによって陰血を消耗したなどの原因があります。熱と潤いのバランスが悪く、相対的に体の中の熱が多くなっているので、血が止まりにくい状態になります。

【症状】
月経が8-10日以上続き、経血量は少ない、経血はさらっとはしていない、口やのどが渇く、夕方になると微熱が出る、手がほてる、寝汗をかきやすい など

【対策】
補陰薬に分類される漢方を服用することがおすすめです。そして体を潤す、豆乳、トマト、豚肉、れんこん、梨、白きくらげ、また血を補う、烏骨鶏、地鶏、ニンジン、黒ごま、牛レバー、いちご、クコの実などを食べましょう。

そして【実】【虚】どちらでも、以下のことに気をつけましょう。
・体を冷やさない、特に生理中(冷たい食べ物を多く摂ったり、月経時に足やお腹を出さない)
・適度な運動(運動不足は血流に影響が...)
・甘い物や脂っぽい食べのもに注意
・睡眠不足(睡眠不足も気血不足の原因に...)
・ストレスを溜めすぎない(好きな仕事でもハードワークは体には負担となります

以上です。2018/10/13

ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.