イスクラ薬局(東京)

ブログ日記 | イスクラ薬局 六本木店BLOG

月経前や月経時に胸が張る、かゆい 痛い!! ~タミーの月経講座~



こんにちは!タミーこと田宮です!
今回は ”月経前や月経時に胸が張る かゆい 痛い” ことについてお話ししますね。



前述した事を中医学的に言い換えると ”経行乳房脹痛(けいこうにゅうぼうちょうつう)” といいます。


経行乳房脹痛とは


・月経前や月経時、または高温期に乳房が脹って痒かったり痛みが出る状態。


・月経周期にともなって繰り返し現れ、月経後には症状が治ることが特徴。


です。

基本的に自律神経をつかさどる【肝】の調子がわるくなることが原因とされています。

多くは下記にご紹介する2パターンです。それではご紹介致しますね。



①肝気鬱結(かんきうっけつ)


 中医学では、怒・喜・思・憂・悲・恐・驚の7つの感情の変化を『七情』とよびます。この感情が高ぶりすぎると、気の流れをつかさどる【肝】が失調し気が乱れスムーズに循環しなくなります。気がスムーズに循環しなくなると一箇所に溜まり胸が張ります。また一箇所に溜まった気は熱を持ち、かゆみや痛みを引き起こします。




気の流れが滞ると下記のような症状が現れます。

・月経前に乳房が脹って痒み

・痛みがある

・胸苦しさがあり、脇も脹る

・ゆううつ

・ため息多い


【上記のような症状にオススメの養生】

・適度な運動を心がけましょう(ひと駅分歩く、TVを見ながら足踏みなど)

・あまりストレスを溜めこまない事(ストレスの原因を除去)

・香りの強い食材がおすすめ:セロリ、春菊、シソ、みかん、オレンジなど



②肝腎陰虚(かんじんいんきょ)



 陰虚(潤い不足)体質や慢性疾患による出血(月経時の出血量が多い、消化管からの出血など)のため、からだの潤いが不足し、さらに肝が乱れ、生殖に深く関わる腎も弱っている状態です。自律神経や体の巡りをつかさどる『肝』と、生命エネルギーの源で、成長発育・老化・生殖に深く関わる『腎』の両方で、からだを潤す物質(血や津液)が不足している状態。肝にある血が減りうまく機能しなくなると月経に影響が出ます。また、腎は現代医学でいう女性ホルモンや内分泌器官と関係が深くうまく機能しなくなると様々なホルモンバランスの乱れを生じます。


【症状】

・月経中または月経後に両方の乳房が張る。

・腰や膝がだるく力が入らない

・目が乾燥、口や喉が乾燥する

・手や足がほてる、いらいらする


【上記のような症状にオススメの養生】

運動は軽めに、汗のかき過ぎに注意。

身体を潤してくれる食材がおすすめ:レンコン、百合根、トマト、梨、豆乳など



今回の経行乳房脹痛は月経周期によって乳房の症状が繰り返し、月経後に消失することが特徴です。


乳房にしこりを感じたり、月経後も消失しない場合は、乳がんなどが関係していることもあります。


40代になりましたら定期的に乳がん検診を受けましょう。また、40未満の方は月1回のセルフチェックを行うことをおすすめします。


他の月経講座はこちら↓


月経が来ない… ~タミーの月経講座~
月経と次の月経の間に出血がおきる… ~タミーの月経講座~
月経が終わらない… ~タミーの月経講座~
なぜ経血の量が少ないのか? ~タミーの月経講座~
月経血の量が多い!! ~タミーの月経講座~
月経周期が早まったり遅くなったり!! ~タミーの月経講座~
月経周期が遅い!! ~タミーの月経講座~
月経周期が早い!! ~タミーの月経講座~
 

2019/01/19

イスクラ薬局の運営会社情報

運営会社 イスクラ産業株式会社(英文会社名:lSKRA INDUSTRY CO., LTD.)
本社所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋一丁目14番2号
設立年月日 1960年3月1日
事業概要 ロシア・CIS諸国・中国との医薬品、医療機器、化学品の輸出入
中成薬(中国漢方製剤)、健康食品、スキンケア製品の製造、販売